住民健診

住民健診という耳なれた言葉は、①健康診査(血液検査、身体測定など)、②がん検診、③肝炎ウイルス検診、④骨粗鬆検診、⑤歯周病検診などをすべて含んだ表現です。

①の健康診査には、㋐75歳以上の方の「後期高齢者の健康診査」、㋑40歳以上の国民健康保険にご加入の方の「特定健康診査」、㋒39歳以下の方の「39歳以下の健康診査」等があり、②のがん検診には㋐肺がん検診、㋑胃がん検診、㋒大腸がん検診、㋓前立腺がん検診、㋔子宮がん検診、㋕乳がん検診があります。

医師会では指定医療機関として①・②・③を実施し、市民の健康寿命の延伸をめざしています。
※医療機関によっては予約が必要となりますので、直接お問い合わせください。

<住民健診に行く前のチェック>

  1. 受診券は持ちましたか。
  2. 問診票の記入はすみましたか。
  3. 健康保険証または運転免許証は持ちましたか。
  4. がん検診クーポン券が届いた人はお持ちください。
  5. 健康手帳をお持ちならそれも忘れずに。

ページトップへ