お知らせ

≫一覧を見る


月別アーカイブ: 6月 2015

保険医療機関におけるコンタクトレンズ等の医療機器やサプリメント等の食品の販売について

保険医療機関におけるコンタクトレンズ等の医療機器やサプリメント等の食品の販売について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

全日本病院協会「看護師特定行為研修指導者講習会」について

全日本病院協会「看護師特定行為研修指導者講習会」について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

介護予防・日常生活支援総合事業ガイ ドライン等について

介護予防・日常生活支援総合事業ガイ ドライン等について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「救急救命士の気管内チューブによる気道確保の実施に係るメディカルコントロール体制の充実強化について」等の一部改正について

「救急救命士の気管内チューブによる気道確保の実施に係るメディカルコントロール体制の充実強化について」等の一部改正について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

熱中症予防の普及啓発・注意喚起について

パスワードは以前と変更ありません。

会員の先生でパスワードを希望される場合は、
所属郡市医師会・氏名・勤務先を下記メールアドレスに
ご連絡ください。
   ishikai@toyama.med.or.jp

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

「2025年の医療機能別必要病床数の推計結果」について

「2025年の医療機能別必要病床数の推計結果」について[1] [2] [3] [4]

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

医師主導による医療機器の開発・事業化支援一業務開始ならびにホームページ開設のご案内について一

医師主導による医療機器の開発・事業化支援一業務開始ならびにホームページ開設のご案内について一

1.業務の開始日:6月10日(水)
2.ホームページアドレス:http://jmamdc.med.or.jp/

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

改正介護保険制度広報ポスターの掲示等への協力依頼について

改正介護保険制度広報ポスターの掲示等への協力依頼について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「平成26年度介護報酬改定検証・研究調査の結果(最終版)について(情報提供)」の送付について

「平成26年度介護報酬改定検証・研究調査の結果(最終版)について(情報提供)」の送付について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「使用上の注意」の改訂について

「使用上の注意」の改訂について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について

「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

国立長寿医療研究センター・東京大学高齢社会総合研究機構「在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会」のご案内について

国立長寿医療研究センター・東京大学高齢社会総合研究機構「在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会」のご案内について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

梅雨期及び台風期における防災態勢の強化について

梅雨期及び台風期における防災態勢の強化について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

富山県医師会役員等候補者・公報について

パスワードは以前と変更ありません。

会員の先生でパスワードを希望される場合は、
所属郡市医師会・氏名・勤務先を下記メールアドレスに
ご連絡ください。
   ishikai@toyama.med.or.jp

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

平成27年度 小児慢性特定疾病指定医に係る研修について

パスワードは以前と変更ありません。

会員の先生でパスワードを希望される場合は、
所属郡市医師会・氏名・勤務先を下記メールアドレスに
ご連絡ください。
   ishikai@toyama.med.or.jp

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

平成27年度「医療関係機関等を対象にした特別管理産業廃棄物管理責任者」に関する講習会の開催案内について

平成27年度「医療関係機関等を対象にした特別管理産業廃棄物管理責任者」に関する講習会の開催案内について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

院内感染対策サーベイランス事業 (JANIS)に係る参加医療機関の追加募集について

院内感染対策サーベイランス事業 (JANIS)に係る参加医療機関の追加募集について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

協会けんぽの被保険者証の記載事項変更等の周知について

協会けんぽの被保険者証の記載事項変更等の周知について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

指定難病に係る診断基準、重症度分類等及び臨床検査個人票について

指定難病に係る診断基準、重症度分類等及び臨床検査個人票について

<参考>
・日本医師会ホームページ
http://www.med.or.jp/doctor/report/003413.html
・厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000085261.html

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

医療機器の保険適用について

医療機器の保険適用について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

口永良部島(新岳)噴火による被災者に係る被保険者証等の提示等及び公費負担医療の取扱いについて

口永良部島(新岳)噴火による被災者に係る被保険者証等の提示等及び公費負担医療の取扱いについて

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

中村記念病院 中村万理 先生

私が学んだ大学は、女子学生の割合が50%に近く、性差を感じることがあまりありませんでした。進路を考えた時も、実家で診療するときに外科的スキルがあった方が良いだろうと、気楽に消化器外科を選びました。

男性医師がほとんどだった金沢大学第二外科に入局して、男性並みの仕事をしなくては、という気持ちと体力にズレがあることに気付きました。四苦八苦していた私を周囲の先生が色々とサポートしてくださって研修医時代は修了しました。その後、乳腺外科に配属され、仕事をさせていただきました。

医師になって8年目に子供を授かりました。色々な道を考えましたが、子供を抱えてこのまま大学にいても外科医として満足な仕事は難しいと、実家の病院に勤務し、両親のサポートを受けて子育てをすることを選択しました。

妊娠初期は大学にいましたが、医局の男性医師の負担を変えないように、直属の上司だけに妊娠を伝えて当直バイトなどは通常通りやってきました。実家に帰ってからは、当直は免除してもらい出産直前まで短時間勤務をし、出産後は二週間で短時間勤務に復帰しました。幼稚園に入るまでは、外来の担当日を少なくしました。現在は、フルタイムで勤務し、訪問診療や入院管理もしています。

実家に勤務したので、このような我儘を通せたのだと思います。また、大学の医局の先生方にも外来や当直をサポートしていただき大変な時期を越える事が出来ました。

これまでの自分の経験を踏まえ、ワークライフバランスというものを考えるようになりました。そして子育てや介護で働き方を変化させることに柔軟に対応できる組織作りを意識するようになりました。

在、医師に限らず、当院の職員に対して多様な勤務体制の整備を進めています。仕事を完全に休職するのではなく、短時間でも働く事で仕事の勘を保つことが出来ると考えているからです。小さい病院であるがゆえに、仕事を短時間に完了できるので、業務を残すこともありません。

もしこれから妊娠出産を考えている方や介護を必要とする家族がいる方には、このような短時間勤務が出来る病院があることを知っていただきたいと思います。

投稿日 | カテゴリー: 女性医師会|応援メッセージ |

黒部市民病院 耳鼻いんこう科 丸山裕美子 先生

こんにちは。丸山裕美子と申します。耳鼻いんこう科医師として毎日を過ごしています。医師になってあっという間に23年、長男が大学2年生、長女が高校2年生になります。妊娠・出産・子育てをしながらの日々は、あまり先々のことまで真剣に考えだすと迷路に入ってしまいそうですので、まずは今日できることや今週中にしたいことを思いながら過ごしてきました。妊娠中や子育て中は、やはり身体や時間が思うようにならない時もあり、同期の先生方の頑張りように焦りを感じることもありましたが、十年、二十年たってみるとカメのような歩みでも歩き続けることの大切さを感じています。また子供を授かり、親というこれ以上無い特等席で命の成長を体験していくことは、私にさまざまなことを教えてくれています。ある方に「育児は育自」という言葉を教えて頂いたのですが、まさにそのとおりだと痛感しています。

したいことやすべきことが沢山あって、どうしようかと途方に暮れる時も多々ありますが、そんな時は「自分が今大切にしたいこと」を1番から3番まで並べてみることにしています。10個全部やろうとするとつらくなるかもしれませんが、4番目以降はある程度目をつぶることにして、3つ、その3つにも順位をつけてみると案外さっぱりした気持ちになれるように思います。あと、心に目標を灯しつつ、目標に向かう道も楽しめるといいなと思っています。「どうせやるなら楽しもう」というのがモットーの一つです。
このようにやりたいことを自身で選び、今の仕事ができているのも、この時代のこの国に生まれることができたおかげと感謝しています。人とともに悩み・喜び・分かち合えるこの仕事が、私はとても好きです。これまでも、今も、たくさんの方々の協力と励ましをいただきながら過ごしています。私も少しでも皆さんのお力になれるならば嬉しいです。

投稿日 | カテゴリー: 女性医師会|応援メッセージ |

姫野病院 乙田 万里子 先生

医学部に入った時点で、職業として医師を選び、医師として生きていくことは決めていると思いますが、その後の自分の人生がどうなっていくのか確信を持てずに過ごしている女子学生や、研修医は多いのではないでしょうか。研修医時代の私もそうでした。日々の忙しさに追われ、目の前のやるべきことをこなし、目標に向かうだけでした。指導医からは、「10年、20年後どうありたいか」将来を見据えて、そのために今やるべきこと、身を置く環境を考えるよう言われました。

近年、医師における女性の割合は年々増加し3割を超えてきました。女性医師が少なかった時代には、女性医師のワークライフバランス、キャリア形成や維持、向上は個人の問題とされていたのかもしれません。しかし、勤務医不足、診療科や地域による医師の偏在、女性医師比率の増加を背景に女性医師が抱える問題が浮き彫りになり、それに向けての取り組みが全国でなされるようになってきました。現場の声を反映し、具体策が実行されつつあります。少しずつですが、女性医師支援の手は広がってきています。出産・育児で離職した女性医師の復帰支援や育児支援、相談窓口が設置され、柔軟な勤務体制、勤務しやすい環境の整備など働き続けやすいように取り組みがなされてきています。

医師という仕事は、本当にやりがいのある素晴らしい仕事です。仕事を通じ、「人」としても磨かれていくことができると信じます。 この時代に産まれて働けることを喜び、仕事に誇りを持ち、周りの人々に感謝していく。社会に貢献する気持ちを忘れずに行動すれば、道は開けると思います。一緒に頑張っていきましょう。

投稿日 | カテゴリー: 女性医師会|応援メッセージ |

富山大学産科婦人科診療准教授 米田 哲 先生

私事ではあるが,医局の方針で新生児医療を学んで来なさい(医師5年目),と鹿児島での生活を余儀なくされた一年間が,実は私の今の(大学病院でしかできない)臨床研究に繋がり,切迫早産の病態解明,治療戦略,新生児予後改善に繋がっている。一方,家庭的な女性に魅力を感じ易い私が,同産婦人科医師と結ばれた故に苦労も多いが,育児(休暇)から命の尊さ,忍耐力を学んだ。Work(臨床研究)とlife(命の尊さ,忍耐力)がかみ合い,相乗効果を得ていると思う。例えば,早期死産を経験したばかりの患者と1時間以上も会話ができたり(一緒に泣いたり,次の治療方針を考えたり),我が子をより大切に育てたい,愛したいと思ったり。
  Work-life balanceのあり方は,人それぞれ。ただ,医師として, career upの必要性を感じることは重要であり(work),最終的には永き良き医師として社会に貢献できるはずだ。さらに,lifeとうまく調和すると,仕事も生活もより充実すると思う。惜しみない努力は必須だ。

※26年10月8日富山大学にて開催されました4年生への講義における講演要旨です。

投稿日 | カテゴリー: 女性医師会|応援メッセージ |

富山大学産科婦人科診療講師 米田徳子 先生

どうして医師を志したの?どんな医師になりたい?人生プランは?子供は?
学生たちからは様々な答えが返ってきた。こんな医師になりたい,結婚したい,子供もほしいという希望はあるけど漠然とした不安がありそう。

ここで自己紹介。家族は6歳の娘と2歳の息子,産婦人科医の夫。実家の両親の援助あり。産婦人科医師14年目の附属病院助教でフルタイム勤務。大学院時代に長女を出産し自身は4ヶ月,夫が1ヶ月の育児休暇を取得。その後院内保育所に預け医学博士,助教になった。長男出産後は、復帰後1ヶ月は週3日勤務、その後フルタイム勤務。病棟・外来業務を中心に,臨床研究もおこない学会賞を受賞,周産期専門医も取得した。このようにキャリアを築けるのは,生活・仕事どちらも恵まれた環境にいるからだと思う。
  産後復帰には,保育所などのハード面の整備はもちろん,ソフト面でのサポートが重要。家族,上司や職場の人たちの理解,そして何より復帰する本人の医師としてのプロ意識と自覚,周囲への感謝の気持ちが必要である。
ワークもライフもキャリアを磨ける環境とパートナーを見つけましょう。キャリアアップも家庭もあきらめず,医師として社会に貢献していただきたい。

※26年10月8日富山大学にて開催されました4年生への講義における講演要旨です。

投稿日 | カテゴリー: 女性医師会|応援メッセージ |

労働基準法における法定労働時間の特例に関する議論及び「職場意識改善助成金」について

労働基準法における法定労働時間の特例に関する議論及び「職場意識改善助成金」について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

平成27年度介護報酬改定に関するQ&A(vol.3)(平成27年6月1日)および通知等の正誤の送付について

平成27年度介護報酬改定に関するQ&A(vol.3)(平成27年6月1日)および通知等の正誤の送付について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

運営管理指導要綱の改正について

運営管理指導要綱の改正について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

医療機器におけるサイバーセキュリティの確保について

医療機器におけるサイバーセキュリティの確保について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

労働安全衛生法の一部を改正する法律の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備に関する省令等の施行について (外国登録製造時等検査機関等、受動喫煙の防止及び特別安全衛生改善計画関係)

パスワードは以前と変更ありません。

会員の先生でパスワードを希望される場合は、
所属郡市医師会・氏名・勤務先を下記メールアドレスに
ご連絡ください。
   ishikai@toyama.med.or.jp

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

労働安全衛生法の一部を改正する法律に基づく職場の受動喫煙防止対策の実施について

パスワードは以前と変更ありません。

会員の先生でパスワードを希望される場合は、
所属郡市医師会・氏名・勤務先を下記メールアドレスに
ご連絡ください。
   ishikai@toyama.med.or.jp

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

平成27年度介護報酬改定関連通知及びQ&Aに関する正誤について

平成27年度介護報酬改定関連通知及びQ&Aに関する正誤について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて

肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

医師年金ホームページ シュミレーション機能拡充(第二ステップ)について

医師年金ホームページ シュミレーション機能拡充(第二ステップ)について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「第20回中医協医療経済実態調査」協力についてのお願い

「第20回中医協医療経済実態調査」協力についてのお願い

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」について

「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

「新型インフルエンザ等発生時における住民接種体制構築に関する手引き(暫定版)」の厚生労働省ホームページ掲載について

「新型インフルエンザ等発生時における住民接種体制構築に関する手引き(暫定版)」の厚生労働省ホームページ掲載について
「新型インフルエンザ等発生時における住民接種体制構築に関する手引き(暫定版)」

 

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |

倫理審査委員会細則、手引き、申請書類の改定について

人を対象とする医学系研究については、従来、「疫学研究に関する倫理指針」(平成19年文科省・厚労省告示第1号)および「臨床研究に関する倫理指針」(平成20年厚労省告示第415号)に基づいて実施されてきましたが、研究の多様化により、平成26年12月に両指針を統合し「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文科省・厚労省告示第3号)が公示され、また適切な運用を図るために「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス」(平成27年2月公表4月一部改定)が公示されたことに伴い、本会倫理審査委員会の細則、手引き、申請書類を改定しましたのでお知らせいたします。

平成27年5月28日

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|会員専用 |

医療機器の保険適用等について

医療機器の保険適用等について

投稿日 | カテゴリー: お知らせ|医療機関の皆様へ |