医師会無加入の方もお気軽にご相談ください。富山県医師会がサポートいたします。

集合写真 女性医師の割合は年々増加し、現在では医学部入学生の約40%は女性となっております。
 女性医師は出産(育児)に伴い一時的に医療現場を離れることは避けることができませんが、その後も医師として活躍し十分に力を発揮していけるようサポート体制を整えることは重要です。
 また、女性の視点を取り入れ多様性を推進した医療現場の構築は、持続可能な地域医療、医療界の活性化、医療の質や安全性の向上につながるものと考えます。

 富山県医師会では男女共同参画の推進という視点に立って、出産・育児をしながら仕事を継続する女性医師の子育てとの両立支援、キャリアアップの支援事業を行っています。

 どうぞ一人で悩まず、お気軽にメールや電話でご相談下さい。出産や育児を経て現在も医療の現場で働く県医師会の女性役員を中心として、親身になって先生方のご相談に対応しております。

「女性医師等支援相談窓口」の開設

女性医学生や女性医師のみならず、男性医師からの相談も受け付けております。
育児休暇や復帰の時期、お子様の保育園生活、病児保育など についてもご質問がありましたらご相談ください。
情報の取扱には十分注意いたしております。

担当医師による「巡回相談」の実施

公的病院・民間病院を巡回し、日頃聞く機会の少ない現場の声を伺い、問題点の解決に努めております。

ホームページの充実

「お役立ち情報」をホームページに掲載し、関連サイトにリンクできるようにしております。

担当役員がサポートします。

馬瀬 大助 会長
(馬瀬小児科医院長)
泉 良平 副会長
(富山市民病院事業管理者)
村上美也子 副会長
(むらかみ小児科アレルギークリニック院長)
種部 恭子 常任理事
(女性クリニックWe富山院長)
南里 泰弘 常任理事
(厚生連滑川病院長)
清水 康一 理事
(富山県立中央病院副院長・外科部長)
渡辺 多恵 理事
(小矢部大家病院長)
長田 拓哉 理事
(富山大学附属病院第二外科診療科長)
島畠 康充 理事
(厚生連高岡病院副院長・診療部長)
sidebar_map_text
sidebar_map_text04
sidebar_map_text02
sidebar_map_text03