応援メッセージ

様々な環境で、着実にキャリアを積み上げ活躍しておられます先生方からの応援メッセージを紹介します。
仕事を継続しながら、家庭との両立に対するアドバイスやキャリア・アップへのモチベーション維持の秘訣など役立つヒントが必ず見つかるはずです。
是非、一人ひとり自分に合った「医師としてのキャリアデザイン」をみつけ、医師を諦めることなく継続してください。


富山大学医学部医学教育センター助教 富山大学第三内科(消化器内科)所属  三原 弘 先生

2016.06.02

お互い褒めあいましょう

学生時代を思い出すと、女性の方が優秀だったし、コミュニケーション能力も高く、女性の方が臨床医・研究職・管理職に向いているように思います。しかし、女性は...

なかたに皮ふ科クリニック 中谷友美 先生

2016.06.02

しなやかに生きて

富山市で皮膚科を開業して8年、医師になってからは20年がたちました。多くの女医さんたちがそうであるように、私にも色々な分岐点がありました。 最初...

JCHO高岡ふしき病院小児科 宮崎あゆみ先生

2015.08.06

平成27年1月、ついに念願の病児保育室開設にこぎつけました。JCHO高岡ふしき病院内の旧新生児室を改装し、院内公募により「おひさま」と名付けられていま...

富山大学附属病院小児科 足立陽子先生

2015.08.06

2年前の夏、出産を間近に控えた学生が市田先生(富山大学学長補佐・男女共同参画推進室長、小児科准教授)に子育て中の医師の話が聞きたいと相談したのをきっか...

中村記念病院 中村万理 先生

2015.06.12

私が学んだ大学は、女子学生の割合が50%に近く、性差を感じることがあまりありませんでした。進路を考えた時も、実家で診療するときに外科的スキルがあった方...

黒部市民病院 耳鼻いんこう科 丸山裕美子 先生

2015.06.12

こんにちは。丸山裕美子と申します。耳鼻いんこう科医師として毎日を過ごしています。医師になってあっという間に23年、長男が大学2年生、長女が高校2年生に...

姫野病院 乙田 万里子 先生

2015.06.11

医学部に入った時点で、職業として医師を選び、医師として生きていくことは決めていると思いますが、その後の自分の人生がどうなっていくのか確信を持てずに過ご...

富山大学産科婦人科診療准教授 米田 哲 先生

2015.06.11

私事ではあるが,医局の方針で新生児医療を学んで来なさい(医師5年目),と鹿児島での生活を余儀なくされた一年間が,実は私の今の(大学病院でしかできない)...

富山大学産科婦人科診療講師 米田徳子 先生

2015.06.11

ワーク(医師)とライフ(育児、家事ときどき趣味)のパラレルキャリアを磨こう

どうして医師を志したの?どんな医師になりたい?人生プランは?子供は? 学生たちからは様々な答えが返ってきた。こんな医師になりたい,結婚したい,子供も...

sidebar_map_text
sidebar_map_text04
sidebar_map_text02
sidebar_map_text03