会員専用ページ

アーカイブ


改正道路交通法施行に伴う認知症診断書の作成可能な医療機関一覧について

平成29年3月12日改正道路交通法が施行されたことより、75歳以上高齢者が運転免許を更新する際や一定の違反行為をした際の認知機能検査の結果、第1分類(認知症のおそれあり)とされた場合、臨時適性検査(公安委員会が指定する医師の受診)又はかかりつけ医の診断書の提出が義務づけられました。本会では、増加する認知症診断ニーズに対応するため、平成29年12月に公的病院、認知症サポート医、施行後に診断書の作成された医師を対象に連携体制の意向調査を実施し、この度、診断にご協力いただける医療機関を取りまとめましたのでご活用ください。

改正道路交通法施行に伴う認知症診断書の作成可能な医療機関一覧

投稿日 | カテゴリー:お知らせ|会員専用.

コメントは受け付けていません。